よくあるご質問

住宅ローンを滞納し続けたらどうなるのでしょうか?

毎月の支払日にローンが払えず滞納した場合、住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)や銀行等の金融機関(債権者)から手紙や電話などで督促が始まります。

ここで連絡を無視してしまうと期限利益の損失となり、残ったローンを一括で支払わなければならなくなります。

連絡があった場合には必ず対応し、給与が減った、病気になったなど、滞納の理由をご説明してください。
併せて、今後のお支払いをどのようにしていくかを検討しなければなりません。

期限利益の損失とは?

この場合の「期限」とはローンの毎月の支払日を指し、「利益」とは支払いを行っていれば一括返済しなくてもよいという権利のことです。

約束通りの金額・日付に支払っていれば何も問題はありませんが、この約束を何度も破ると「期限利益の損失」となり、残っている金額を一括で返済するよう請求されます。

状況によって異なりますが、通常3~6ヶ月の滞納で期限利益の損失となります。

住宅ローンの返済額は減額できますか?

可能です。
債権者に支払い条件をご相談いただき、月々のお支払いを減額したり、ボーナス払いの金額を減らしたりすることができます。

ただし、債務の免除はできません。
また、都度のお支払い額が減る代わりに返済期間は延長される為、追加の保証料や利息も増え、ローン全体で見ると増額になります。

支払い条件を変更した後に滞納すると、残債を一括請求される場合もございますので、慎重にご検討ください。

住宅ローンの返済期間は延長できますか?

それまでに延滞や滞納をしていない場合は可能です。
ただし、追加保証料が必要となることが多いようです。

すでに延滞や滞納がある場合の返済期間延長は難しいと思われます。
残念ながら、他の金融機関への借り換えもできません。

自己破産するとどうなるのでしょうか?

自己破産とは、不動産などの資産がすべて換金され、債務の清算に充てられる清算手続きのことです。

自己破産には、破産者に資産がある「管財事件」、資産がない「同時破産」の2種類がございます。
「管財事件」は管財人による清算手続きとなり、20~50万円程度のお金が必要になりますが、「同時破産」の場合はご自身で手続きを行うことも可能で、3万円程度で済むことが多いようです。

自己破産した場合、債務者は免責となる代わりに、連帯保証人へ一括請求が行われます。
それにより連帯保証人が連鎖的に自己破産するケースもあります。

任意売却と競売の違いは?

任意売却は競売よりも高値で売却できる為、より多くの返済を債権者へ行うことができます。
結果、任意売却の方が売却後に残るローンの支払い額を減らせることになります。

また、競売は裁判所主導で行われるのに対して、任意売却はお客様の意思で行う為、状況や都合を考慮して売却計画を進めることが可能です。

詳しくは「競売について」をご覧ください。

共有名義の物件を任意売却するには?

共有名義の不動産を任意売却する場合も、通常の売買と同様に共有者全員の同意が必要となります。
そのため、共有者が行方不明などの場合は競売で処理するのが一般的です。

また、共有者が自己破産した場合は破産者の持ち分が競売にかけられます。

保証人、連帯保証人、連帯債務者とは?

保証人とは、債務者に支払い能力がない場合に限り、債務者に代わって返済義務を負う人です。
保証人は債権者から請求を受けた場合、債務者に先に請求するように通告することができる「催告の抗弁権」を持ちます。

連帯保証人とは、債務者がローンを支払うことができなくなった場合に債務者に代わって支払いの義務を請け負う人のことです。
債権者は、債務者の支払い能力の有無に関わらず連帯保証人に対して返済を求めることができます。

連帯債務者とは、ローンを借りた債務者と一緒にローンの返済をしていく人のことです。
連帯保証人よりさらに責任が重く、債務者が返済に行き詰まっていなくても請求されることがあります。

これらの役割を変更できる可能性はかなり低いとお考え下さい。

サービサーとは?

債権回収を専門に行う会社のことです。

債権回収は過去、弁護士のみが許された業務でしたが、弁護士法の特例として「債権管理回収業に関する特別措置法(サービサー法) 」が施行され、法務大臣の許可を得た民間企業なら債権回収を行えるようになりました。

強引な取り立てや不正な手段を用いて債務者に返済を迫るようなことはありません。
法律による規制を守り債権回収業務を行っています。

任意売却後のローンはどうなるのでしょうか?

任意売却の金額よりもローン残高のほうが多い場合は、残りのローンを支払わなければいけません。

任意売却後のローン残高は「無担保債権」として債権回収会社(サービサー)に譲渡される為、サービサーに対して返済を行うことになります。
その際の返済は、毎月のお支払いが可能なだけの金額とすることが可能です。

お問い合わせ・ご相談は
お電話、お問い合わせフォームからお気軽にどうぞ

TEL.0120-235-909

お問い合わせは TEL.0120-235-909